中古フォークリフトどっとこむ|フォークリフト中古車検索なら200台以上の専門業者におまかせ

中古フォークリフト200台以上、国内最大級の品揃え(相模原・神奈川・東京・関東)

フリーダイヤル0120-4949-43 〒252-0244神奈川県相模原市中央区田名2931-4

3
特定自主検査(定期自主検査・年次点検・法令点検)とは?

特定自主検査(定期自主検査・年次点検・法令点検)って何だろう?

nenji-barner2

 

 

 

 

 

 

フォークリフトは、労働安全衛生法により定期自主検査が義務づけられています。 
事業者は、1年を超えない期間ごとに1回、定期に自主検査を行わなければなりません。(第151条の21)
また自主検査を行う際は、厚生労働省令で定める資格を持つ検査者でなければいけません。(第45条)

これは自動車でいうところの車検制度に似ています
この検査を 「特定自主検査」(年次点検整備・定期自主検査) といいます。

実施しない場合、50万円以下の罰金に処せられます。
「特定自主検査(年次点検整備)」は無資格者が行っても実施したことにはなりません。
また場合によっては営業停止になることもあります。
労働基準局の労働安全衛生法により罰せられます。

【特定自主検査(年次点検整備)の点検内容】  
圧縮圧力、弁すき間、その他  原動機の異常の有無
デファレンシャル、プロペラシャフト、その他 動力伝達装置の異常の有無
タイヤ、ホイールベアリング、その他 走行装置の異常の有無 
かじ取りの車輪の左右の回転角度、ナックル、ロッド、アーム、その他 操縦装置の異常の有無  
制動能力、ブレーキドラム、ブレーキシュー、その他 制動装置の異常の有無
フォーク、マスト、チェーン、チェーンホイール、その他 荷役装置の異常の有無
油圧ポンプ、油圧モーター、シリンダー、安全弁、その他 油圧装置の異常の有無  
電圧、電流、その他 電気系統の異常の有無 
車体、ヘッドガード、バックレスト、警報装置、方向指示器、燈火装置、計器の異常の有無  


上記の約40項目以上にわたる検査をしていきます。

ブレーキ・オーバーホール
   ブレーキの点検(ブレーキに使用している部品の様子)
   リフトチェーンの張り、伸び、腐食、損傷の点検
   爪に亀裂がないかの、カラーチェック
   油圧装置の点検(コントロールバルブのリリーフ圧を測定)
   エンジンの点検(エンジンシリンダー内の圧縮圧力の測定)
   修正塗装(こちらは当社オリジナルです)
   社名文字ステッカー(こちらは当社オリジナルです)

 

いよいよ最終段階です。電気系統、油圧、走行のチェックをしていきます

 

電気まわりのチェック  油圧のチェック   走行チェック 

 

終了後、以下の点検表に記入します。

 

検査が終わりましたら、それを証する検査済標章(ステッカー)を貼付します。
次回の特定自主検査の実施年月が記載されています

このように、当社のフォークリフト中古車には全て年次点検(特定自主検査)付きですので、納車したその日からご使用頂けます。

freedial1